通販サイトの情報が満載!

定期購入システムのデメリット

定期購入システムのデメリット 定期購入システムを利用することで、注文をし忘れることを防いだり、通常の注文よりも単価が安くなるというメリットがある一方でデメリットがあります。
それは定期購入システムを利用していても、様々な事情により注文をすることを辞めたいと感じたり、少し休みたいと感じることが発生します。
その時は、定期購入システムのサービスを提供している会社に事前にその旨を伝える必要があります。
しかしその伝える時期は、いつでも良いというわけではなく、会社が独自で何日までに連絡がなかったら次の注文も引き受けたとことで自動処理をします。
つまり、来月からの注文をやめたいと考えていても知らせる時期が遅れてしまったら、自動的に来月分までは注文をせざるをえないことになっています。
そして中には定期購入システムの利用を辞めさせないようにするために、問い合わせをする電話番号やメールなどを記載していなかったり、連絡をしても営業時間外になっていることがあるので注意が必要です。

融通の利く定期購入システムを導入してより魅力的なサイトへ

融通の利く定期購入システムを導入してより魅力的なサイトへ 定期購入システムは、お客さんが定期的に必要な商品を買い忘れるのを防ぐことができるため、購入者側としても便利な機能であると同時に、ECサイトや通販サイトなどの運営者にとっては、安定した売り上げを期待できるシステムです。
便利な定期購入システムですが、融通が利かないという問題点を持っているものもあります。
例えば、毎月購入している商品が翌月だけ必要ないという場合には個別に指定ができず、一旦定期購入を解除して、その次の月から再び始めなければならないという場合もあります。
また、システム上の問題で定期購入の解除に時間がかかり、その間に必要のない商品が届いてしまうというケースも出てきます。
このように商社にとっては不便な事態が起こらないためにも、定期購入システムを導入する際にはより融通の利くシステムを選ぶことが重要になってきます。
そうすることが使い勝手が良く、安心して利用できる魅力的なサイト作りにつながってくるのです。